ゆとろぎ賞について

アラビア語に「ラーハ」という言葉があります。これは、「ゆとり」や「くつろぎ」を意味する言葉で、片倉もとこはこれを「ゆとろぎ」と訳していました。 「ゆとり」に「くつろぎ」をたして「りくつ」をぬく、つまり「ゆとろぎ」です。理屈を抜きにして沙漠の生を慈しんでいた彼女らしい言葉です。当財団は、彼女の愛した言葉「ゆとろぎ」を冠した賞を設けました。沙漠を研究の原点としていた片倉もとこの遺志を継ぎ、沙漠文化に関する調査研究や芸術文化活動に取り組む人々を支援します。

トップページ > ゆとろぎ賞について