2019年 日本沙漠学会 秋季シンポジウムのお知らせ

2019年10月20日(日)横浜情報文化センターにて、日本沙漠学会秋季シンポジウ「半世紀前の写真資料の研究活用:サウディ・アラビア,ワーディ・ ファーティマ地域における再調査から」が開催されます。

日 時 :  2019年10月20日(日)13:00~17:00

場 所 :  横浜情報文化センター6階 情文ホール

〒231-0021 横浜市中区日本大通11番地

テーマ :   「半世紀前の写真資料の研究活用:サウディ・アラビア,ワーディ・ ファーティマ地域における再調査から」

【午前の部】学生による研究発表・討論会プログラム

10:00~11:30 日本とサウディ・アラビアの学生有志による研究発表・討論会

【午後の部】シンポジウムプログラム

13:00~13:10 開会挨拶および主旨説明

                 渡邊三津子(片倉もとこ記念沙漠文化財団)

13:10~13:30「西アジア・北アフリカ乾燥地における半世紀前のフィールド調査資料を活かす」

                 縄田浩志(秋田大学)

13:30~13:50「土地利用と農業の変容:現地調査による景観変遷の復元」

                 石山 俊(国立民族学博物館)

14:00~14:40 関連企画展示「サウジアラビア,オアシスに生きる女性たちの50年  ―『みられる私』より『みる私』」の見学(展示観覧料は個人負担

                       会場:横浜ユーラシア文化館(横浜情報文化センターとなり)

14:50~15:10「住居の変化:1960年代のニューモードのいま」

                 遠藤 仁(人間文化研究機構)

15:10~15:30「衣装にみるリサイクルとリバイバル:晴れ着と内着を例として」

                 郡司みさお(片倉もとこ記念沙漠文化財団)

15:30~15:50「被写体と研究者の協働:被写体女性への写真利用許諾プロセス」

                 藤本悠子(片倉もとこ記念沙漠文化財団)

(休憩)

16:00~16:50 パネルディスカッション

16:50~17:00 閉会挨拶

主催: 日本沙漠学会,日本沙漠学会沙漠誌分科会

共催: 横浜ユーラシア文化館,片倉もとこ記念沙漠文化財団,人間文化研究機構基幹研究プロジェクト「現代中東地域研究」(秋田大学拠点),科研費「半世紀に及ぶアラビア半島とサハラ沙漠オアシスの社会的紐帯の変化に関する実証的研究」

問い合わせ先: 沙漠誌分科会事務局 (渡邊三津子)

 sabakushi.c (a) gmail.com ※(a)を@に変更してください.

沙漠学会ウェブサイト

2019年10月期助成事業(一般活動)公募のお知らせ

「片倉もとこ記念沙漠文化財団 2019年10月期助成事業(一般活動)」について、募集いたします。 応募の詳細および公募要領は、下記をご参照ください。

※当財団が実施する助成事業の概要についてはこちらからご確認ください。 → 当財団が実施する助成事業について

申請様式は、下記よりダウンロードください。

応募の締切は2019年11月30日(土)午後5時です。 選考結果は申請者ご本人に通知いたします。

皆様のご応募をお待ちしております。

<申請書送付先・お問い合わせ先> 〒151-0063 渋谷区富ヶ谷2-21-1-610 片倉もとこ記念沙漠文化財団 事務局宛 メールアドレス josei@moko-f.com

ワークショップ開催のお知らせ―講演・試着体験「移りゆくアラビア衣装」

『サウジアラビア、オアシスに生きる女性たちの50年ー「みられる私」より「みる私」』の関連イベントのご案内です。

講演・試着体験「移りゆくアラビア衣装」

サウジアラビア衣装の詳しい解説と試着。衣装を着て展示室に行ってみよう。

日 時  10月6日(日)①13:00~、②15:00~(1時間程度)

会 場  情文プラザ(横浜情報文化センター1階)

講 師  郡司みさお(片倉もとこ記念沙漠文化財団理事)、藤本悠子(片倉もとこ記念沙漠文化財団主事)、河田尚子(片倉もとこ記念沙漠文化財団理事)

定 員  20名

参加費    300円

ワークショップは事前申込が必要となります。詳しくは横浜ユーラシア文化館WEBサイト「(4)ワークショップ」をご覧ください。

トップページ > インフォメーション