「サウジアラビア、オアシスに生きる女性たちの50年 ―『みられる私』より『みる私』」開催のお知らせ

2019年6月6日(木)~9月10日(火)まで国立民族学博物館本館企画展示場にて、弊財団共催の企画展「サウジアラビア、オアシスに生きる女性たちの50年 ―『みられる私』より『みる私』」が開催されます。

チラシのダウウンロード

展示趣旨

  • 会期:2019年6月6日(木)~9月10日(火)
  • 場所:国立民族学博物館 本館企画展示場
  • 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:水曜日
  • 観覧料:一般580円、大学生250円、高校生以下無料 詳細はこちら
  • 主催:国立民族学博物館
  • 共催:片倉もとこ記念沙漠文化財団、横浜ユーラシア文化館
  • 協力:人間文化研究機構基幹研究プロジェクト「現代中東地域研究」(国立民族学博物館拠点・秋田大学拠点)、
    国立民族学博物館「フォーラム型情報ミュージアム」プロジェクト、
    国立民族学博物館「新学術領域研究(研究領域提案型)『学術研究支援基盤形成』研究基盤リソース支援プログラム 地域研究に関する地域研究画像デジタルライブラリ(DiPLAS)」
  • 特別協力:サウジアラビア遺産観光庁、ワーディ・ファーティマ社会開発センター、キング・ファイサル・センター、アナス・ムハンマド・メレー(ムスリム世界連盟日本代表理事)
  • 後援:サウジアラビアマッカ州、サウジアラビア労働社会発展省
  • 特別協賛:アラムコ・アジア・ジャパン(株)

1960年代末、急激な社会変化をむかえるサウジアラビア西部のオアシスで、文化人類学者の片倉もとこは、当時ほとんど不可能と思われた長期調査をおこないました。そして「みられる私」ではなく「みる私」としてのサウジ女性の姿に気づきました。
本展示では、片倉が現地で撮影した貴重な写真を手がかりに、半世紀後に実施した最新の追跡調査の成果を交えながら、飾面や民族衣装など個性的で色鮮やかな物質文化をとおして、サウジ女性の生活世界の変遷をたどります。

【イベント案内】2019年4月12日~5月12日

2019年4月12日~5月12日まで、五条坂京焼登り窯にて「サハラに眠る先史岩壁画 英 隆行写真展 SAHARAN ROCK ART」が開催されます。

【内容】

サハラ砂漠各地に遺る石器時代の原始アート。自然の岩肌に描かれた彩画や線刻画。題材は日々の生活から精神世界まで。3mを超える「白い巨人」など大型岩壁画を実物大で展示。(チラシより)

【日時】 2019年4月12日~5月12日 12:00~18:00

【場所】 五条坂京焼登り窯 〒605‐0845京都市東山区竹村町151-1

http://hanafusa.info/

今回の写真展は本財団の助成事業(一般活動)を受けて開催されます。

夏季休業のお知らせ

まことに勝手ながら、2018年8月20日(月)~2018年8月24日(金)まで、
片倉もとこ記念沙漠文化財団は夏季休業とさせていただきます。

同休日中の電話・FAXでのお問い合わせはお休みさせていただきます。
また、電子メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、2018年8月27日(月)以降に順次対応させていただきます。

休業期間中はご不便をおかけいたしますが、 ご了承くださいますようお願い申しあげます。

トップページ > インフォメーション